東京大学大学院経済学研究科マネジメント専攻
戻る 進む

Our Goal

g1

幅広い経営学の知識をもとに問題を発見し、解決策を発見する能力を身につける。
経営学の基礎となる経営戦略・経営管理に加えて、雇用管理・生産管理・マーケティング・技術経営といった各論や企業経営を長期的に分析するのに欠かせない経営史や農業経営などを学習した上で、さらに財務・会計やファイナンスなどを幅広く学習し、基礎的な力量を身につける。こうした知識によって企業を総体的にとらえるとともに、企業の現場でどのような問題が起きているのかを広い視野から認識し、理論と組み合わせて論理的に考察することによって解決策を導き出す能力を育成することで、企画・人事・財務・販売・生産・調達などの企業のさまざまな分野で実務をになえる人材を養成する。製造業に限らず、サービス・金融部門にも適合する応用力のある人材の養成をめざす。



What's new

Course Example

g1

経営コースは大学院基礎科目と大学院専門科目からなる。 (1年次)大学院基礎科目である経営戦略Ⅱ、経営管理Ⅱ、経営科学Ⅱ、マーケティングⅡ、技術経営Ⅱ、国際経営Ⅱ、生産システムⅡ、雇用システムⅡ、フードシステムⅡ、経営史Ⅱ、財務会計Ⅱ、管理会計Ⅱ、経営財務Ⅱ、インベストメント、実証ファイナンスなどを履修する。
(2年次)大学院専門科目である経営戦略研究、経営管理研究、生産システム研究、雇用システム研究、マーケティング研究、フードシステム研究、日本経営史研究、財務会計研究、管理会計研究などを履修し、さらにフィールドリサーチ方法論で、現場の問題の捉え方を学習し、修士論文を作成していく。修士論文作成途中で経営ワークショップでの発表をおこなう。
博士課程進学希望者はとくに大学院専門科目の履修に重点を置き、特別な研究指導を受ける。

専門性を求める学生向けの履修

g1

具体的には、「会計に専門性を有するコンサルタントや証券アナリスト」、「企業の財務・会計関連部局に所属する企業内の専門家」を目指す学生向けの履修について解説する。
以下の科目を中心に、経営関係、ファイナンス関係の科目もあわせて履修することが望ましい。
(1年次)企業会計、財務会計Ⅱ、管理会計Ⅱ、経営財務Ⅱ、財務・会計ワークショップⅠ、財務・会計ワークショップⅡ
(2年次)財務会計研究、管理会計研究、会計学特論、会計学演習
また、入学時点における財務・会計の知識は問わず、基礎からの教育に努めるが、なお基礎知識の修得が必要な場合は、以下の「学部専門科目」を適宜選択することが望まれる。
財務会計Ⅰ(専門科目3、4)、管理会計Ⅰ(専門科目3、4)、経営財務Ⅰ(専門科目4)